MENU

介護と自己負担

 

介護をこれから受けたいと持っている人の場合には料金が気になると思いますが、介護の自己負担というのは1割となっています。限度を超えたサービスの場合には、超えてしまった分においては、全額負担しなければいけないことになるのですが、利用限度額というのは、ぞれぞれの要介護の区分で違いが出てきます。都道府県ごとによっても違っていますし、介護のレベルによっても違っています。例えばある都道府県で要介護1の居宅サービスの場合には1か月16万5800円が限度額ということになっているのです。
他にも介護サービスを受ける種類によっても違っているのですが、30分から1時間未満の利用の場合には、2100円から4200円、そしてデイサービスの場合には6-8時間以内の利用の場合には、6800円から11300円もかかってしまうところを、自己負担は1割菜ので、ホームヘルパーさんに来てもらう場合には、210円になりますし、デイサービスを利用するという場合でも、1日利用しても680円という値段で利用できるということになります。
介護保険のサービスにかかってくる料金の内訳では、全体の料金の1割は利用者が負担することになっていて、残っている9割の負担は、半分が国や都道府県などが公費で支払っていて、半分が保険料で支払っているというケースです。介護サービスの料金というのはそれぞれの都道府県によっても違っていますし、施設などによっても違っていますが、自己負担は1割だけの負担ということになっています。

お年寄りの介護

お年寄りの中でも介護が必要な人と必要でない人がいますが、どういった状態になると介護が必要になると言えるのでしょうか。介護が必要になるきっかけは、老化によって体の機能が弱くなったり思うように動けなくなるということがありますが、耳が遠くなる、腰が弱くなる、足が弱くなるといったことは誰でもとる道です。お年寄りの介護の原因になるきっかけというのは、年齢から起きていることもあります。たとえば耳が遠いという場合には、耳が遠いことを分かった上で、わかりやすく話をしてあげたり補聴器を進めることが必要です。
お年寄りによって弱っている部分は違っていますから介護の種類も違ってくると思います。たとえば目が見えにくくなった人もいれば、手足が弱ってしまって一人では歩くのが難しくなってきた人もいます。手足が弱くなってきた人の介護としては筋肉をつけることも大切ですがゆっくりと歩けるように介護してあげる工夫も必要です。
お年寄りは筋肉が弱ってくるとものが持てなくなってしまいますから、お箸からスプーンに持ち替えてあげるというのもいいでしょう。普段使っていたものなども、だんだん上に置いてあると届かなくなってしまいますから、届くところに配置換えしてあげることも必要ですし、また床に躓かないように、床には何も置かないようにしてあげるということも大切です。お年寄りの介護というのは、人それぞれ弱っている部分が違っていますから、その人に合わせて行う必要があるのです。

介護施設の選び方

 

介護施設の選び方と言えば、色々と人それぞれ確認するポイントがあると思いますが、チェックすべきポイントはしっかりと確認した上で選ぶといいでしょう。介護施設を選ぶ際のチェックポイントとしては、色々とありますから、ここで紹介したいと思います。まず、介護施設というのは費用がいくらくらいかかるのか、自分たちで無理のないように介護施設を選ぶ必要があります。
そして介護サービスの内容についてもしっかりと見ておきましょう。介護施設で受けられるサービスというのは、色々ですから、その施設で受けられるサービスが、自分にとって必要としているサービスであるかどうかも確認すべき点です。今の時点で考えるのではなくて、将来のことを考えて、介護施設を選ぶ必要があります。寝たきりになっても大丈夫なのか、認知症になってもその施設にいられるのかなども確認した上で介護施設を選びましょう。
介護施設の雰囲気などもよく見たうえで選ぶようにしましょう。利用している人との人間関係や福祉施設のスタッフとの人間関係などもとても大切だと思いますから、なかなか難しいとは思いますが、介護施設では雰囲気を見て選ぶことも大切なので、施設を選ぶ前に見学などは必ず必要です。また立地条件などについても、訪問しやすい場所にあるのかどうかなども確認しておくといいかも知れませんね。
他にも経営状態や食事がおいしいのか、栄養について考えているのかなどもチェックするポイントとなると思います。